2011年6月26日

箱根峠のちウナギ

Filed under: 自転車 — aki103 @ 11:00 PM

今日はKMサイクル企画の箱根峠往復ビンタ食らって、途中ででウナギ食っとく?(勝手につけた)って企画に乗っかって、三島まで行ってきました。

今日は往復で227km。
よく走ったモンだ。

コースは、連光寺-相模川-花水レストハウス-箱根-桜屋(三島)-御殿場-厚木-相模川-自宅。

とりあえず人生初箱根越えだったんだけど、いろんな経験を積んでからで良かったかもしれない。
0mから800mまで登りっぱなし、狭い道、観光バスの多さ、、、始めたばかりの頃だったらありえないかもしれない。

雨も降ったり止んだりで暑いんだか、涼しいんだかわからない気候の中、半分以上は諸事情により練習走行になってしまったけど、糸魚川以来のロングで気持ちいい汗かいてきました。

で、メイン(のはず)のウナギはこちら。

1.5匹分のウナギと超大盛りのごはん。
え、えーと、ご飯多すぎませんかね?
とはいえ、注文した手前弱音を吐くわけにはいきませぬ。
完食させていただきました。

帰路も当初の予定は箱根峠越えだったんだけど、諸処の事情により御殿場経由に変更。
流しさんの帰宅時間が微妙になってきたと言うことで、三島でKMさんとは連結解除。

流しさん、イノウエさん、イチローさんとの4人だったんだけど、みんな強くて全然前に行けませんでした。。。
246を爆走し、厚木にてそのまま246で帰るという皆さんと連結解除。

そっからは一人だったんだけど、もう魂抜けて全然前に進まないw
のろのろマッタリV練コースで帰宅しました。

引きずり回されて、ちょっと練習しなくちゃと言う意識が芽生えたかな?
また遊んでくださいませ!

2011年6月25日

パン三種

Filed under: パン — aki103 @ 9:10 PM

今日は張り切ってパン三種類。

昨日の朝からホシノ酵母の生種起こしておいた。

まずは定番化させたいカンパーニュ。
今日は前回よりもライ麦多めで。
ライ麦:全粒粉:強力粉=2:1:7

そして、黒ごまとチーズのプチパン。
こいつは強力だけで生地作ってそのなかに黒ごまを大さじ2ほど。
捏ね上がってからチーズを織り込んでみました。
プチパンのイメージは一口サイズだったんだけど、三口サイズぐらいになってしまった(汗)

カンパーニュはライ麦のいい香りがでてきていいかもしれない。
しばらくこの比率で行ってみよう。
できたての黒ごまチーズ”デカ”パンは、焼きたてはおいしかった。
明日食べてもおいしいかな?

本当はこれでおしまいのつもりだったんだけど、せっかく生種があるしということで、シナモンロールを追加制作。

真ん中ばかりがふくらんで山になってしまったのと、生地がふわっとしてしまい、自分が持っている、デニッシュ的なイメージとは違ってしまったんだけど、まあまあでしょうか。

グラニュ糖をもっとふって、甘くしても良かったかもしれない。

こいつは近々リベンジだな。

2011年6月19日

陣馬山-高尾山縦走

Filed under: アウトドア — aki103 @ 11:13 PM

土曜日はソロハイク。
近場で行ってみたかった、陣馬山から高尾への縦走コース。

陣馬高原下って自転車では何度も行ったことあるけど、それ以外の手段で通ったことがなかった。
高尾駅からバスに揺られ20分ぐらい?
和田峠を下りたところにあるバス停まで。

この景色、西東京で自転車乗ってる人結構見たことがあるんじゃ?
陣馬高原下の商店を和田峠方面に曲がったところ。
20110619-231229.jpg

和田峠と陣馬高原下のバス停の中間ぐらいに陣馬山への登山口(新道と書いてあった?舗装路の代わりに作ったのかな?)があり、そこからまずは陣馬山頂を目指す。
歩き始めは、山肌はガスに覆われ、空も全然見えない。

山に入っていくと、まっすぐに伸びる杉の森を霧が包み込み幻想的。
そして、陣馬高原下から登る人は、ぱっとしない天気のせいもありほとんどいない。
ひとりなのでペースも上がり気味になり、静かな登山道でひとりゼーハー。
静かな空間を楽しめばいいのに、のんびりできないみたいですw

陣馬高原下から高尾山を目指すときは陣馬山へは登らなくてもいい道があるんだけど、今回は陣馬「山」から高尾山への縦走コースということなので、登ってきました。
ここは晴れてれば富士山がきれいに見えるらしい(けど冬だとなおいいんだろうな)、今回は視界がほとんどないので、小休憩で次を目指す。

影信山を目指し、いくつかの峠を通過。
陣馬山山頂から先の道はずーと尾根伝いを歩く道で、右も左も谷。
そんなに危険そうなところはなかったけど(道は二人が止まらずに余裕ですれ違えるくらい)、霧に包まれた谷を見てるとちょっと怖いかも。

影信山に到着したのがやっぱり周辺は何も見えず。。。20110619-231241.jpg

影信でちょうどランチタイム。そして、今日は手抜きでコンビニメニュー。
でも、山で食べるカップラーメンはうまいw

20110619-231251.jpg

景色は見えようと見えまいとハラの具合は全く持っていつもの通り。
むしろ食い過ぎか?
しかし、外で食う物はなんでもうまいんだよな~

腹がふくれたところで次を目指す

次は城山。
今回唯一開店していた茶屋。
他は雨のせいか、みんな休みでした。

しかし、茶屋の規模がでかすぎ。
いったい晴れていたらドンだけの人に埋め尽くされているんだろう?
想像したくない。。。

城山から先はコース脇に電柱が生えてたり、採石が入っていたり、階段が多かったりと人のにおいが濃くなってくる。
やっぱり整備されたところよりも、自然に近いところの方がいいな。

高尾山の山頂に着くと、そこはもう山の雰囲気なし。
渋谷にもいそうなにーちゃん、ねーちゃんなど。
なんだか、がっちり山のかっこしてるのが恥ずかしくなるほどw
きっと、高尾山の奥にあんな静かな山が続いているということを知っている人は少ないんだろうなぁ

下山コースは、薬王院のほうでもいいかと思ったけど、静かそうな4号路で。
こっちのコースはハイキングコースらしくていいかもしれない。
軽装で、ケーブルカーで上がって、薬王院コースと4号路を登りと下りで使い分けるなんて言うのもありかも。

今回のコースで、一番辛かったケーブルカー駅間の舗装路の下り。
舗装路だから脚には辛いし、疲れた足には勾配も意外と急。
ちょっと調子に乗ってペースあげたら膝にきました。
重い上半身を受け止めきれなかったのか?

休憩含め、6時間ぐらい。
たぶん距離は20kmほど。
結構いいペースで歩けたかもしれない。

今度は晴れた冬の日にあるくというのもいい気がする。

2011年6月15日

いろいろ粉コネ

Filed under: パン,メシ,日々の出来事 — aki103 @ 12:47 PM

先週、今週で作ったヤツ。

20110615-094320.jpg
プレーンベーグル

20110615-094344.jpg
ソルト&ペッパー

20110615-094403.jpg
エスプレッソパウンド

20110619-195951.jpg
ライ麦のカンパーニュ&ベーグル

ベーグルは先週の方ができが良かったなあ。。。
あと、カンパーニュのクープが浅い。。。

来週は久しぶりにイングリッシュマフィンかな

統一感のないラインナップですが、めざせ、多摩のブレッド&サーカス!ということで。

2011年6月12日

御岳山

Filed under: アウトドア — aki103 @ 10:47 PM

夏に富士登山することになり、登山熱のスイッチがちょっと入った。
数年前に尾瀬に行ってから登山靴を使っていなかったので、フィールドテストにいきたかったというのも理由の一つではあるんだけど、、、(ウレタンソールなので、加水分解でやられてないか確かめたかった)

うちから行くとすると高尾山が一番お手軽なんだけど、お手軽なのは皆一緒で、ミシュランで星を獲得したこともあり、他を探していたところ見つけたのが奥多摩の御岳山。
まあ、ここも高尾山と同じく山岳信仰の山でかなりお手軽に上にたどり着ける山。
ただ、高尾山と違うのは駅直結のケーブルカーやリフトがないというところか。

とはいえ、駅からバスで5分ほどでケーブルカーにアクセスできる。これは十分便利な部類だよなw

初っぱなからお手軽な手段を使っちゃいかんということで、行きはケーブルカーを使わず、のんびり歩いて上へ。1時間ほどで御岳神社に到着し、ひとまずお参り。

こんな山の上に、立派な神社があるんだねぇ

出発が遅かったので、すでに長尾平でランチタイム。
長尾平の茶屋の冷蔵庫にはワインの品揃えが豊富だったけど、これからハイク開始という身には毒なので?ひとまず我慢しときました。

山用のお手軽弁当なのでこんな感じで。
これも、山で食うとうまいです。

事前の計画では、滝見たりしてから、日の出山方面に戻り、つるつる温泉ということになっていたんだけど、急遽予定変更。
出だしが遅かったので、周辺をぐるっと回ってからつるつる温泉は厳しいということで、大岳山を目指すことに。

直接大岳山に向かうコースもあったけど、せっかくなので沢や、滝を経由して。

小柄な滝だったけど、なかなかいい感じ。そして、そこに至るまでの沢筋の道がこれまたいい道だった。

気持ちよかったのはここまで?この先は結構な登りが始まり、大岳山の山頂に近づくにつれ岩場やら急登が増える。
はっきり言って、東京の山なめてました。
二人でヒーヒー言いながら大岳山の山頂へ。

ここですでに14:30。。。

とはいえ、疲れていたので、ここでコーヒーブレーク。

昨日作ったエスプレッソケーキとコーヒー。
山頂で飲むコーヒーと自作スイーツは格別だw

腹もふくれ、少しは疲れもとれたので御岳山めざして戻り始めます。
大岳山、この辺の山では一番高いので、基本的に下り基調。初めのうちは「下りはやっぱり早いな~」なんて言っていたけど、案の定だんだんと膝が笑い出すwww
そしてそれに輪をかけるように、痛恨のコースミス。
コースミスっていっても道間違えて無駄な道を通ったりしたわけではないんだけど、地図をぱっと見たら鍋割山経由で戻るのも大してかわらんだろうという判断でそのルートをとおってみたんだけど、奥の院から先の下りが半端なく辛い。
いままでのみちのりで削られた脚にはきつすぎた。。。

二人でへろへろになりながらケーブルカーの駅に着いたのは17:25。
直後に発車するのがあったので、それに飛び乗り下山。時刻表には御嶽駅行き最終バスに連絡という文字。。。
すごい良いタイミングで乗れたみたい。。。
余りにも下ってくるのが遅くなっていたので、こりゃ駅まで歩きか、と覚悟していたんだけど、最後は御岳山の神様も手をゆるめてくれたみたいです。

結局、10:30ごろから17:30までみっちりハイキング。
リハビリのつもりだったんだけど、7時間は一発目には辛かったかなぁ。

まあ、楽しかったので(オレは)よしとしましょう。

さて、次はどこに行こうかな?

2011年6月5日

Baking

Filed under: パン,メシ,日々の出来事 — aki103 @ 7:40 PM

イングリッシュマフィンを作るようになって、ずっとやってみようと思っていたレシピ。

イングリッシュマフィンを作るには外にコーングリッツをまぶすけど、それだけだとなかなかコーングリッツって減らない。
それじゃ、コーングリッツを使うレシピってなんだ?ということで出てきた物がこれ。

アメリカじゃ一般的らしいが、日本ではあまりお目にかからない「コーンブレッド」。
ホールコーンを入れたり、グリッツじゃなくコーンミールやコーンフラワーだったりするレシピなんかもあるらしいけど、今回は前述の理由もあるのでコーングリッツで。

材料:
(1)
小麦粉 (薄力粉か中力粉のレシピもあるようだけど、今回は強力粉) 150g
コーングリッツ 50g
ベーキングパウダー 小さじ1

(2)
卵 1個
牛乳 140cc

(3)
溶かしバター 50g

(4)
砂糖 50g

(1)は混ぜてふるい、(2)は泡立て器でよく混ぜる。
混ぜた(2)の中にそれ以外をいれ、こねないようにさっくり混ぜ合わせる。

あとはパウンド型に流して焼くだけ。
今回使った型は210x80mmのもの。
温度は、200度で余熱し、焼き始めたら180度に下げて30分。

いい感じにできました。

20110605-194002.jpg

朝食にもいいし、小腹が減ったときのおやつにもいいかも。
ほどよく甘くて、さらっと食べられます。コーングリッツのつぶつぶ感がいい。

砂糖を減らして、食事と一緒に食べるレシピもあるようなので、そっちも試してみよう。

HTML convert time: 0.511 sec. Powered by WordPress