2010年9月23日

フラットスポット

Filed under: 自転車 — aki103 @ 10:55 PM

数日前のJite2帰りの出来事。

赤信号にもかかわらず左右を見ずによろよろ横断歩道に出てきたママチャリオヤジ。
間一髪回避したんですが、タイヤをみたらこんなでした。。。

かるーく、「あ、ごめんごめん!」って、オレのタイヤ返せ~!

2010年9月22日

家も楽し

Filed under: — aki103 @ 10:58 PM

明日は雨天のため箱根サイクリングが中止。
なので夜のお楽しみ。

ラスティネイルとシガーもいいかもしれない。

友はChick Corea & Gary Burtonの”In Concert Zurich”

2010年9月4日

Pizza

Filed under: メシ — aki103 @ 11:14 PM

本日はハーフアンドハーフで、マルゲリータとスモークサーモン&ブロッコリー。
生地は発酵がイマイチだったのでローマ風クリスピー。。。

具はなかなかいけたんだけど、やっぱり生地が、、、だなー
もっと水分が飛ぶように、Pizza stone買ってみようかな。

その前に生地の水分量が一定になるように、生地作りをもっと研究するのが先か。

夏休み Part II (夏のロング2010)

Filed under: 自転車 — aki103 @ 10:42 PM

今年の夏ロング企画は、白河に転勤になったマスケン偉人の壮行走行会。
そういえば、去年の同じ時期には鹿児島転勤のProfessorの壮行走行会だったな。。。

白河は鹿児島と比べりゃ全然近所なので、1日で走りきる日程。

出発は5時ちょっと前。
マスケンさんのスタート地点となる品川に6時集合し、東京タワーにとぱちり。

日本橋を通り(工事中でした。。。)

気がつくと宇都宮みんみん。本当はランチに食べるつもりで町中を目指してきたんだけど、あまりにも疲労がひどくて餃子は泣く泣くパス。
代わりに冷たいうどんでリフレッシュしてきました(若干名、天ぷらを食する強者もいましたが。。。)

いやいや、気がつけばなんて感覚で着く距離、天候ではなく、NOZさんが合流した千住新橋以降、後ろから容赦なく照りつける日差しと、「追い風だから楽だね~」というNOZさんの強烈な引きでw、皆さんかなりグロッキー気味。

ペットボトルでクーリング中の鶴さんは事情によりフラットペダルのMTBで参加。
さすがに一番辛そう。

マスケンさんもお疲れ気味!?

まあ、あのとんでもなく暑いなか、よく走りましたな。

暑いばかりじゃなく、クールダウンも必要ということで。

那須塩原で、途中参加のフジタさんを吸収し、那須高原に向けてなぜか練習モードになりしばらくすると遠くに暗雲。。。
「大外まわって回避できるでしょ~」というNOZさんの予言はもろくも外れ、道路が川になりはねかえりで白くなるほどのゲリラ豪雨w

写真に写っていないNOZさんは初めて通る知らない道を、この豪雨の中アタックしてたそうですw

マスケン邸に到着すると、嘘のように晴れ渡る空。山は那須岳ですな。

夜はお楽しみの宴会ターイム!
どらちゃん、ちゅなどんのPCJのお仲間という地元の名士を交え、楽しいひととき。
二人が御大と呼ぶこのかた、ただもんじゃなくて、ルマンにプライベーターで出場して土屋圭市と同じぐらいの順位だったとか、ポルシェカップにでてたとかいう、とんでもない人。興味深い話をいろいろ聞かせていただきました。

次の日は、マスケンさんがすでに何度か練習で通っているという緑の道。
じつは前日にも土砂降りの中通った道なんだけど、雷とあまりの強雨による恐怖心で全然別の道でした。

マスケンさんとは矢板の街までご一緒させていただき、お別れ。
その後、マスケンさんは那須高原への上り基調の道だけでは足らなかったようで、追加練(迷いながら!?)をしてきたそうです。

我々は、R4に出てしまっては車も多いし、暑いだけでしょということで、マイナーな県道をちょっと冒険してきました。
こんなルートだったんですが、車も少ないし、田んぼの中の道だったり、森のマイナスイオンたっぷりの道だったりと気持ちいい道でした。
マスケン邸を目指すときもですが、那須で遊んだあとに餃子を食べたいときとかも(車でもね)いいかも。

矢板の街の直後、そのルートに入ったとたん、いきなり丘超えで、ちゅなどんが大爆笑だったのはナイショです。

やっとありつけた宇都宮餃子。
輪行なのでビール付き!

約2名、帰路も自走という強者(一人はMTBの鶴さん!)と別れ、我々は湘南新宿ラインのグリーン車でまったり帰路につきました。

すっかりマッタリしてしまったので、私はフル輪行+最寄り駅からはカオリのお迎え付きという軟弱な選択をしてしまいましたが、日が変わる頃に戸塚に到着し、MTBで往復500km超の旅路を走破した鶴さん。
とてもじゃないけどまねできません。。。 伝説作っちゃったね~

今回参加した人たち、この猛暑の中1日で200km以上の距離を走りきったわけなんで、これからは輪行バックなしでどこでもいけますね~
またロング企画やりましょう~!!

1週間の夏休みは、Part I, IIとあっという間に過ぎ去り、すっかりリフレッシュ出来ました。

ま、リフレッシュしすぎてリハビリも大変だったんですがねw

2010年9月1日

夏休み Part I

Filed under: アウトドア,日々の出来事,自転車 — aki103 @ 12:17 AM

9月頭に試作機があがってくる(もちろん仕事)ということで、8月末に夏休み。
しばらく前からここにするとは決まっていたものの、なんだか何をするかもはっきり決まらず、休む日はどんどん近づいてくる。

なんとなく思いつきで、高山で飛騨牛食べて、上高地でマッタリしよう!というプランが浮かんだので早速予約。3泊4日の日程で岐阜-長野を回ってきました。

1日目は移動+肉!の予定だったんだけど、行こうと思っていたステーキ屋が臨時休業。。。
しょうがないのでちょっと検索して、飛騨牛のメニューが豊富という居酒屋へ。
結構おいしかったんだけど、写真とってなかった。

2日目。
まずは朝市+町並み散策。

町には至る所に朝顔が。古い町並みにはよく似合うよね~

朝からもくもくと煙を上げる銭湯に人力車。

陣屋前の朝市。
行ったのは10時ぐらいだったんだけど、結構な人。
漬け物や、味噌は出店している人ごとに微妙な味の違いがあるそうで、試食しておいしいやつ探してねーなんて、おばちゃんに説明してもらいました。
が、その後歩きまわるからと思い何も買わなかったんだけど、後で比べてみると待ちのお店で売っているものよりもおいしそうな雰囲気だった。朝市は午前中で終わってしまうので、結局何も買わず。。。
まあ、肉と併せて次回の楽しみということで。。。

その後は飛騨の家具屋さんをまわったりして、のんびり。
ウッディーな壁掛け時計を見つけてきました。まだ掛けてないけど、これはリビングとダイニングから見えるところにくる予定。

その晩は乗鞍に移動して、宿泊。
この宿がまたいいところで、お湯、めし、ひとの三拍子そろったところでした。
そんなに豪勢な雰囲気ではないんだけど、とてもバランスが良い感じ。
湯の花たっぷりの温泉と、新潟から移築したという古民家の広間で食べる、一手間も二手間もかかった夕食。
そして、気さくな女将さんとしっかりした旦那さん。

鈴蘭の駐車場からすぐのところなので、ヒルクラの宿としても良さそうですよ。

宿のHPはこちら

で、三日目が上高地。
人生初上高地でしたが、すごーくいいとこでした!

朝もやにかすむ大正池と穂高。
なかなかこんなきれいにもやがかかることは少ないんだとか。

河童橋にて。
プロの写真屋さんが好意で撮影してくれました。
記念写真を売っている写真やさんなんですが、ちょっと話をしてみたら「写真買わなくても別にいいですよ~」といってくださり、シャッターを押してくれました。さすがプロのアングル、記念写真らしい構図ですな。

梓川はとっても透明で冷たかった。
よく素足で川遊びしてられるね~

ハイクの最終地点、明神池にて。
この写真ではまだ大丈夫だけど、この後急に雨が降り出し、しばらく雨宿り。
今回はカッパを持って行ってなかったから、通り雨ですんだので助かりました。
やっぱり道具は登山だろうが、マッタリハイキングだろうがちゃんと持って行かないとだめだね。

結局この日は休憩なしで歩いて3~4時間のコースを歩き、水と緑ときれいな空気で癒されてきました。

最終日は午前中に自転車で乗鞍畳平へヒルクライム。
途中、三本滝のゲートで「熊出るから気をつけて」とおじさんに声を掛けられ、「まさか~、大丈夫でしょう」なんておもいながら登っていったら、登り切ったところで後ろから来たローディーに「熊見ました!?」といわれまたびっくり。
雪渓の下あたりにお食事中の熊ちゃんがいたそうです。

レース直前の金曜日ということで、さすがに自転車は少なかったです。
自転車も少ないけど、バスもタクシーもたまに通るだけで、本当に走りやすい道でした。

タイムは、、、聞かないでください。

11時頃に下りてきて、宿で温泉を借りさっぱりした後に、諏訪へ。
長野に来たらここに行かなくちゃね!

おび川のうなぎ。
おばちゃんも、相変わらず脚は辛そうでしたが、元気に働いていました。
繁盛しているお隣の店より、こちらの方が全然おいしいと思うんだけど、おばちゃんの負担を考えるとこのままでいいような。。でも、もっと繁盛してほしいような。。。

とにかく、最後の締めにふさわしいお味でした。

Part Iはこれにて終了。
ヒルクラして、おなかいっぱいになり、帰り道は助手席で寝ていたことは秘密です :-)

HTML convert time: 0.518 sec. Powered by WordPress