2009年11月23日

やっときた

Filed under: パソコン,自転車 — aki103 @ 11:10 PM

おきなわ用に買ったはずだったのに、今頃届きました。

Rudy projectのNoyz(今年の新作?)です。

r0010760

wiggleで買ったんですが、荷物が行方不明になり、AirMailだったモンだから追跡もできず。。。

コストを下げるために宅配便は使わないんだと思うけど、届かないとは思わなかったよ。

まあ、wiggleもこういう事態をもともと想定しているみたいで、1ヶ月たって「まだこないんだけど」ってメールしたら、あっさりと「んじゃ、同じの送るか返金するか選んでよ」って。
「もう一個送ってくれ~」って連絡したら、あっさりと一週間ぐらいで到着しました。

きっと、送料コスト削ってる分でそのリスクをまかなってるんでしょうね。

うーん、おきなわの青い空のもとで使いたかったんだけどなぁ

2009年11月19日

キーボード

Filed under: パソコン — aki103 @ 9:11 PM

LenovoのThinkPadキーボードw/トラックポイントを購入
文字どおりノートPCのThinkPadのキーボードですが、これをUSB接続で使おうというもの(私の場合DELLのノートの外部接続)
これの前は、トラベルキーボードw/ウルトラナビという大して変わらないものを使っていたんですが、Thinkマニアの同僚が安いので一緒に買おうというのに乗っかってみました。
ESCとDELキーがでっかくなって使いやすくなった。あとはキータッチも前のより好みかも。

満足。

2009年11月10日

ツールドおきなわ市民200km (2)

Filed under: 自転車 — aki103 @ 6:42 PM

ダムの補給所を過ぎると奥に向かう道はしばし下り坂。
登り切る前にちょっと気を抜いたら前を走る数人と距離があいてしまった。
せっかく脚使って登りで追いついた人たちがみるみる離れていく。

もう一人、同じような状況になってしまった人に、「とにかく前に追いつきましょう」と声をかけローテ、風力発電の風車が見える辺りで何とか集団復帰。
過去のレースで同じような状況を何度経験しているのに、こんなので無駄に脚を使うなんて、アホですね。。。

追いついた集団にはnonkiさん、PH90の西村パパがいて、なんだか心強い。
奥のアップダウンはこの集団のおかげでハイペースを維持。
メーターで時計を確認する限り、かなり良いペースだったので、高江の関門はいけるんじゃないかと早くも皮算用。いま思えば、R58の北上ルートのペースが異常に速かったのが最大の要因ですけどね。。。

良いペースのまま辺戸岬を過ぎ、さあ、2回目の登りに向けて南下開始だぁ、と思った矢先になぜか全員が止められて、レース中断。
なんでも、国際200のペースが遅く(市民200が速すぎ?)国際女子のスタートがうまく出来なかったとかで我々は20分ほど足止め。
国際レースが大事なのはわかるけど、説明もろくにしないでハジによって待っててねって、なんのために一杯審判が追走してるんでしょうね。。。

そんなんでレースは完全に振り出しに戻り、またもや300人以上の大集団でリスタート。
せっかくふるいにかかって走れない人達が落ちて行ったのに、またもや危険な集団走行になってしまった。

逃げの3名を追う先頭付近の活性が高かったのか、2回目の登りまでは結構なハイペース。集団は細長く伸び、危うく中ぎれの原因になりそうでした。

登り始めてからは、結構足にきていてズルズルと後退するものの、途中竹芝レーシングヌマザワさんと併走し始めたら、お互い相乗効果でいいペースを維持して補給所を通過。
しかし、せっかくいい仲間を見つけたのに、高江への登りが始まったらすぐにおいていかれてしまい、がっくり。。。
その集団にはついて行けなかったけど、後ろからやってきた次の集団に何とか乗っかり、無事に高江を通過。
時計は関門の時間を過ぎていたけど、中断の影響から延長されたようで、+5分ぐらいで通過できた。中断時間を考えると、-15分ぐらいで通過できてたかな?

この集団にはPH90西村パパがいて、またもや力をもらう。
比較的ローテ加わる人も多いまともな集団で、東の海岸線を順調に南下していったけど、最後の3段坂に入った途端、バックアタック開始。
130kmの集団も先頭の20人ぐらいにしか抜かされてないし、85kmに至ってはだれにも抜かされていない状況だったので、関門時間は全然気にする必要ないだろうという気のゆるみがそうさせたのかもしれない。そうじゃないとしても、相当へばっていたので大して変わらなかったかもしれないけど。

平良を過ぎたあたりから130, 85kmの選手にバンバン抜かされ、最後の源河への登りでは10km/h前後のスピード。サトウさんに「最後、がんばりどころ!」と声をかけてもらい、気持ちは高ぶるモノの力が出てこない。。。
そんな状態で、最後の力を振り絞ってピークを越え、ようやく源河に到着。

ここまで来ちゃえば後はほぼ平地。
ちょうどO2のシナダさんともう一人を捕まえローテさせてもらおうと思ったら、「足攣ってます」とのこと。。。
前を見ると見えるところに小さい集団が居たので、追いかけてみるもまったくスピードが乗らずどんどん離れていく始末。
諦めかけた頃、仲尾次の陸橋を過ぎたところでようやく後続の集団と合流。助かりました。
その中にはアマノさん、nonkiさんがいて、ゴールまでご一緒させてもらいました。
最後の集団は結構大人数で、130, 85kmの選手が多く、みんなゴールスプリント体制に入っていたので、もらい落車を避けるため集団のほぼ最後尾でゴール。

179位、タイムは6:01:44と例年だとほぼ最後尾(タイムアウト?)の結果でしたが、途中で止まっていた時間を考えれば今回は止められなくてもゴールできていたかも。
だけど、277人という大量の完走者が出ている今回の結果のなかで、自分の成績がどれくらいの価値があるのかというと、かなり微妙。
ゴールできたのは嬉しいけど、ただ単にラッキーだっただけではないかという気持ちも半分なので、来年はきっちり喜べる成績を出せるように再度チャレンジしたいと思います。

何かスッキリしないですが、今年のレース活動はこれにて終了(と言っても、これの他にはツールド北海道しか出てませんが。。。)
しばらくはJite2だけにして、まったりした休日をすごしたいかも。

さて、お太れするか~

2009年11月9日

ツールドおきなわ市民200km (1)

Filed under: 自転車 — aki103 @ 6:38 PM

完全に練習不足で不安だらけだけど、とうとう本番。もうやるしかない。

本当は良くないんだけど、ビールを一杯寝酒に流し込み、前日は22時前に就寝。
途中2時ぐらい?に一度目が覚めてからいろいろ考え出してしまって眠れない。。。
それでも何とかもう一度眠りにつき、5時ちょっと前に起床。

会場までは香織に車で送ってもらったんだけど、ここでこのレースで最大のミス。
あ、ボトルが挿さってない。。。

そう、前日に作っておいたドリンクをホテルに置き去りにしちゃったんです。
香織が取りに戻ってくれことなきを得ましたが、周りにいたチームのみなさんにはご心配をおかけしました。特に、ボトルを一本わけて下さろうとしたnonkiさん、ありがとうございました。

スタート前からこんなんで、すでにこの日の最大心拍をマークか?などと風さんに揶揄されてしまいましたが、真面目にそれに近かったかもw

おかげで?緊張もほぐれ、リラックスしてスタート。

はじめの海岸線は集団が不安定で、何度か落車に巻き込まれそうになりながら、比較的前の方に陣取りクリア。しっかし、名護から本部(もとぶ)までの道は拡張工事中というのもあって、センターポールやら、パイロンがあちこちにあったり、狭くなったり広くなったりと、落ち着かない集団で走るのは非常に怖かった。
350人の集団なんて滅多にないので、非常にいい経験をさせてもらいました。

前日の朝練で心配になっていた、ちゅらみから今帰仁(なきじん)あたりのアップダウンも、位置をキープしてクリア。やっぱり集団走行だからスピードのってるし、登るといっても全然距離がないので、惰性+ちょっとダンシングしたら終わってしまう感じ。意外となんちゅうことなかったかも。

R58に戻る付近から海岸線のド平坦コースのはじまり。
打ち上げの時にBOSSに聞いたんだけど、例年はここは本当のサイクリングペース(誰も引かなくなるので、相当ペースが落ちるらしい)になってしまう所らしいんだけど、今年は全然いいペースだったとか。
いいペーストはいっても、集団の力で引っ張ってもらっているので、大して辛くもなく、普久川の登りにそなえて脚をためる。
あんまりのんびりやってると、どんどん後ろに下がっていってしまうので、なるべくすぐに上がれる右端の方を走行して、位置はキープ。
気がつけば130kmのスタート地点を過ぎ、1回目の登りが開始。

集団内の位置取りとしては100~150番ぐらいの感じで登りに入れたので、あまり足を使いすぎないよう、抑え気味のペースで登る。
ダムから先、奥のアップダウンも結構足にくることは130kmを2回走って経験済みなので、無理はしないようにした。

半分ぐらい登ったところで併走していた人から驚きの一言。
「ここでやめたらトラックで回収してもらえるんですよね?」

???
あなた、沖縄まで何しにきたんですか?
まだ一回目だし、全然きつそうじゃないじゃん?

と、のど元まで出てきたけど、べつに諫める理由もないので
「たぶん、バスに乗れるんじゃないですかね」
チェックポイントまで行かないとバスには乗れないような気がしたんだけど、まあ、こんなやつにまともなこと考えて答えるだけバカバカしかったので、適当な答えを返しといた。

その先を数100m進んだところには、本気で酸欠?になって倒れている人が。。。
この差はなんだ?オレは前者になっちゃいかんと思いつつ、ピークを越え一回目の補給所に到着。

この付近で脚が微妙に攣り始めたので、梅チューブを使ってみた。
が、うまく握る力をコントロールできず、チューブの2/3以上が口の中に。。。
ぐおー、喉が焼ける~~~
今思えば、ちょっと吐いて捨てちゃえば良かったんだろうけど、のぼりきったばかりでそんなことを考える余裕もなく、すべてを飲み込んでしまいました。
これはマジで辛かったです。。。

(2)に続く。。。

2009年11月7日

準備完了

Filed under: 自転車 — aki103 @ 7:17 PM

明日はかなり暑そうということで、補給食に練梅追加。
今日の朝練の感じから、補給は全部持って行くことにしました。
40分に一個ぐらいかな?

全部食べ切れるようにしたいです。。。

あとはゴール目指して走るだけ!

朝練

Filed under: 自転車 — aki103 @ 9:45 AM

気持ちいい朝、目覚まし無しで6時起床。
サイクリングに参加の方々に混じり、ちゅらみ水族館方面を一周走ってきました。
海沿いだから真っ平らなのかと思ったら、そうでもないのね・・・
ここはがんばってR58に戻ったら休憩かな?

2009年11月6日

ばんめし

Filed under: メシ — aki103 @ 9:41 PM

入るのにちょっと勇気がいりましたが、美味かった。
レトロな感じです

暑い!!

Filed under: 自転車 — aki103 @ 4:57 PM

さすが沖縄。
暑いっす。

お昼ぐらいに28℃の表示。
天気もよさそうなので、レースは水分とミネラル分の補給に気をつけなくちゃ

本日は完全移動日。
すでにホテルでマッタリです!

写真は飛行機からの富士山と沖縄の海。
どっちも綺麗!!

しゅっぱつ~

Filed under: 自転車 — aki103 @ 7:34 AM

今回はやまだンなに譲っていただいたシーコンで移動楽々。
キャスター付きはイイ

ありがとうございます>やまだンな

いってきます~

2009年11月3日

最後のあがき

Filed under: 自転車 — aki103 @ 9:47 PM

こんな付け焼き刃が通用するほどおきなわ200kmは甘くはないと思うけど、チームのロング練に参加。

今日は大垂水-雛鶴-道坂-牧馬-大垂水の峠三昧。

先発で出たんだけど、nonkiさんが混じっていたため大垂水でがっつりふみふみ。
今日の集大成はここだったかも。

下りは温存したつもりだったけど、雛鶴パートはゴルフ場で終了。。。
そのあとは寂しく一人旅。

雛鶴の峠にかかると路肩には白いものがちらほら。
昨日の寒気で雪が降ったみたいです。

ほんと、今日は冬の寒さで、みんな凍えてました。
おれはそんなでもなかったんだけど、ユニクロのヒートテックをインナーにきていたから?それとも、、、

そして、その後は今さらながらの初道坂峠。
ここも結構長いのね。
早々に千切れてやっぱり一人旅。

道志みちの交差点で一度集合し、そこから下り基調の超高速練。
しばらく耐えていたけど、ちょっと急な登り返しがきたところで、あえなく終了。。。

あそこで耐えなくちゃならんのでしょうけど、今日は(いつでもだろ)無理でした。

しばらくして、フクダさん、マツと連結。
牧馬まで高速ローテで一緒に下るも、登り始めるとすぐに視界から消えてしまい、また一人旅。はぁー。。。

最後の大垂水は気を抜くと10km/h台前半。
時々ダンシングでごまかすけど、長続きするわけもなくでろでろになって大垂水通過。

やっぱり長い距離走ると筋持久力、回復力のなさがはっきり見えちゃうな~
まあ、今さらあーだこーだいってもしょうがないので、この状況でできた成果を出すしかないんですよね。

こんな状況でも、完走は目標!
できる限りの走りをしてきます。

次ページへ »

HTML convert time: 0.783 sec. Powered by WordPress