2007年4月30日

夜叉神峠

Filed under: アウトドア — aki103 @ 11:57 PM

峠と行っても自転車で行けるところじゃありません。

せっかくの連休なので、どっかいきますかということで妻と南アルプス市にあるハイクコースに行ってきました。

登山口まで車で走っているとやっぱりローディーが。うーん、オレも一緒に走りたいなぁw

登山口のある、夜叉神の森から約1時間。

去年の尾瀬以来、全く山なんて行っていなかったので結構つらい。。。

でも、途中富士山の頭がちょっとだけ見えたり、巣箱で戯れる鳥を見つけたり。

なかなか楽しい道のりだ。

山頂に到着すると南アルプスの大パノラマ。

s-dsc_6062.jpg

まだまだ標高が高い山々は雪化粧です。

天気もうっすら雲がかかっていたけど、上々で汗ばむほどの気温。遠くの雪景色とは裏腹に春ですねぇ。

帰りは本栖湖を抜け、富士山へ。

s-dsc_6089.jpg

もちろんこちらも、まだまだ雪化粧。

さすがに天下の富士山、綺麗&雄大です。
そしておなかをすかせて、山中湖にある水車ポンプというお店へ。

このお店は香織が家族でよくきていたそうで、ほうとうがおいしい。

二人ともおなかをすかせていたのであっという間にペロリ。

やっぱりここのほうとうはいいね。

帰路は中央道で渋滞の情報があったので、道志みち経由。

宮ヶ瀬からは昨日自転車で通ったルートをトレースしてみた。

意外と急なところ多いんだなぁ

今日のルートは、ハイク、ドライブともになかなか楽しかったな。

次もまた別の場所で企画してみよう。

どこかいいところあったら教えてください?

今月の走行距離

Filed under: 自転車 — aki103 @ 11:57 PM

Road:570km

MTB:203km

Total:773km

ロードは先月とほぼ同等。
MTBが少ないな?
この距離ってことは通勤4回分か?雨と残業が多かったし、しょうがないか。

2007年4月29日

新緑ライド

Filed under: 自転車 — aki103 @ 11:25 PM

昨日は遅かったので、チーム練はDNS。
10時過ぎまで寝てしまったが、天気はいいし、今日は予定もなかったので、11時過ぎに出撃した。

特に行き先は決めていなかったんだけど、山伏方面はチーム練の面々と遭遇するとバツが悪いのでパス。
宮が瀬方面に行こうかということで、とりあえずは、連光寺を登り尾根幹にでた。
宮が瀬に行くなら法政経由だろ、って感じだけど、一人だし、マッタリ目にしたかったので、緑の多い尾根幹で。
そのまま直進し、相模原を適当に抜けて城山へ。
そこからはいつもの小倉橋>串川橋>南山>宮が瀬湖コース。
うーん、新緑がまぶしい!
sn370036.JPG

一人だったので速度も上がらず、90kmぐらいしか走れなかったけど、気持ちよかったし良しとしましょう。

2007年4月28日

贅沢

Filed under: メシ, — aki103 @ 11:59 PM

今日は妻の誕生日。
渋谷にある某レストランにてディナーしてきました。

久々にフレンチ何ぞを食べてきたけど、いわゆるバターべったりの料理はなく、みなあっさり(ものすごく手が込んでいそうだけど)としたものばかり。
とってもおいしゅうございました。

そして、シャンパーニュにはじまり、白と赤をそれぞれ2杯ずつと、ワインを沢山飲んでしまった。
出発前に家でハーフのCAVAを飲んで体内のアルコール度数を上げておいたのに、逆効果だったらしいw

予約時に「何か、記念日でらっしゃいますか?」と聞かれ、誕生日ということを伝えていたので、なにかサプライズがあるんだろうなとおもっていたら、コースのデザートとは別にケーキを頂いた。
うーん、こういうちょっとしたことがうれしいよなー

かなりの贅沢なディナーだったけど、たまにはこういうのもいいな。

2007年4月22日

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

Filed under: 自転車 — aki103 @ 11:07 PM

今日は群馬の月夜野にあるサイクルスポーツセンターにてJCRC第3戦。

JCRCに参加するのは、去年のツールド沖縄の前にあったアート杯以来。
あのときは初参加だったので、Xクラスに参加。そして結果は先頭と5分差で7位。。。
その結果から、今回は一番下のクラスのFに参加した。

Fクラスは一番下のクラスらしくかなりまったりした展開。
1週目は完全にサイクリング状態。みんな少しでも前に出るとすぐに足を止めずるずると下がってくる。そして下がると人の後ろにツキイチ。。。
温存策なのはわかるけど、もうちょっとみんなで交代しませんかね??

そんな中でもスタート前に話しかけていただいたシクリスタのイコマさん。ウィンターロードで一緒に走ったそうだが、覚えていてくださって話しかけてくれた。(ごめんなさい、覚えていなくて。。。)
彼は積極的に前に出てきて先頭を引いてくれた。おかげさまでほかの選手たちに引いてもらえないフラストレーションも少し緩和されました。
ちゅーか、そんなこと言う前に独走する力を付けろってか。

2週目に入るも、やっぱり同じような展開。下り区間はほとんど前に出てくる選手がいない。
このまま、3週目に突入か?と思っていたら、さすがに心臓破りの坂手前で一人抜け出す。
もう一人(もっといたか?)、反応して追いかけていく選手がいる。ここでついて行かなきゃヤバイという頭はあったものの、すぐに息が上がり気持ちが微妙に萎え始める。
しかし、心臓破りの坂ではチームの皆さんが応援してくれていて、心強い声が飛んでくる。
特にワダさんから、「ここで切れたらダメ」という声で気持ちが切り替わった。
気持ち悪くなるぐらい心拍を上げたけど、なんとか垂れることなく坂を乗り切り平坦区間に戻ることができた。

最終周の3週目、ホームストレートではトップの選手がすでに20~30m先。
みんなで協力して追えば終える距離だったんだろうけど、やっぱり協調して動こうとする選手はいなそう。オレも結構きつくなってきていたので単独で追うこともできず差が縮まらない。
こんなまま、またもや心臓破りの坂にさしかかる。
やっぱりここはみんなの勝負ポイントで、後ろから何人かがかけてきた。
何とか坂をクリアし、平坦に入り2番手にたつ。直後には3番手の選手の気配。最終コーナーにさしかかったあたりから二人とも臨戦態勢で下ハンもって加速。
このあたりでトップの選手は気を抜いていたのか、減速気味。

こりゃ、もしや!?と思いつつ、スプリント勝負が始まる。
オレはあっという間に抜かされ3番手に下がる。
あきらめずに冷静に追えば大丈夫、と唱えつつ下ハンダンシングで全力走を試みたけど、一歩届かず、そのままの順番でフィニッシュした。
前との差は1,2位が0.048秒、2位とオレが0.652秒(先頭差0.700秒)。展開が展開だっただけに余計に悔しい!(リザルト)
ま、これもレースだからな、負けは負けだ。

賞状なんてもらうのは小学生くらい以来か?
ついでに、表彰台にも乗ることができた、こっちは生涯初だ!

うちに帰ってきて、賞状を肴に勝利の美酒(優勝じゃないと、勝利とは言わないかもしれないけど)
imgp1200.JPG

額に入れて飾ろうかな♪

次はEクラスに昇格するので、今回よりも厳しいだろうけど、練習会で皆さんにもんでいただいて、がんばります。

応援してくれた皆さん、そして、最高の道具を提供してくれた妻に感謝ですm(_ _)m
ありがとうございました。

2007年4月15日

遅刻

Filed under: 自転車 — aki103 @ 10:03 PM

一度6:20に起きたのに、気がついたら時計は7時 orz…

いつもだったら走り出してる時間だ。
前だったらあきらめて練習に行かなかったかもしれないけど、この頃は違う!
一人でもいいから走ってこよう、と7:30に出発。

集合場所に行ってもしょうがないので、最短コースで八王子に向かう。
ここは開通したての日野バイパスを使用。
のんびり目のスクーターにも助けられ、予想していたよりも早く高尾に到着。
とはいえ、もちろんチームの人は誰も見えません。。。
高尾までであまり力を使わなかったため、大垂水はいつもよりも早く登れたような。気のせいか?

相模湖を越えてからはちょっとまったり。
とはいえ、いつまでもまったり走っていてもしょうがないので、神奈川カントリーあたりからちょっとあげてみる。
しばらくすると、カサイさんと、シンノスケのコンビを発見。
いつもだったら、大垂水で引き返す人がいるのに、今日は誰もすれ違わなかったので、この二人を見たときは、ちょっとホッとした。
出発するときはばたばたしていたし、今月は雛鶴と山伏が半々だったので、ちょっと不安だったんだよね。

秋山カントリーを過ぎ、しばらく走ると集団が折り返してきた。
ん?、30分遅れた割にはいところまできたかな。

下り区間は神奈川カントリーまで集団に残る(付きいちですが)
やっぱり登りがきつくなると早い人たちにはついて行けない。。。
みんなは上まで走ってきてるのにねぇ

休憩後はいつものStop&Go天国。
八王子を抜けるまでは道が狭いので、ちょっとおとなしめに走っていたけど、日野バイパスに入ってからは爆走。
いつもだと、この辺は足が完全に終わっていて後方で完全に見てるだけだけど、今日はちょっと余力があったので、ローテーションに入ってみる。
そして、たまにアタックもどき。しかし、そんなに足は長続きせず、すぐに吸収。アタックを決めて逃げるって言うのは相当苦しそうだな。

でも、あのメンバーのなかでそれなりに以前よりも走れるようになってきたらしい。
今度のJCRC(Fクラスです)は入賞できるかな?

2007年4月14日

トラブル

Filed under: 自転車 — aki103 @ 8:23 PM

今日は妻と一緒に、妻の実家がある桜ヶ丘までサイクリング。
妻はまだまだ車道を走れるほどのスキルを備えていないので、なるべく車の少ないコースを選択。
多摩サイも使おうかと思ったけど、休日の多摩サイは逆に危険だったりするので、あえてほとんど使わなかった。

行きはなかなか順調。さすがにちょっと登りがあるとギアの選択(変速の仕方か?)がうまくいかずに、立ち往生したりしていたが、何事もなく実家までたどり着く。

実家では頼まれていたパソコンの諸設定をしてきた。
意外と手間取り、終わったのが5時近く。もっと早くでるつもりだったのに、ちょっと遅くなり過ぎた。
暗くならないといいんだけど。。。

でる前に妻の自転車をチェックしていると、空気が全然入っていないことが判明。
でる前にチェックしろよって感じですな。。。
近所に自転車屋があるのを思い出し、ちょっと寄り道。

そのお店で空気入れをを借りたんだけど、先約がいたようで、作業が終わるのをしばし待つ。
ママチャリのおねーちゃんが使っていたんだけど、まごまごしていて、なかなか空気を入れ始めない。
時間がかかりそうだなーと思ったので、声をかけて手伝ってあげたんだけど、作業が進まない理由がよくわかった。
そのおねーちゃんが乗っていた自転車のチューブはなぜか米式。そのバルブにたいして、英式用のヘッドをつけて空気を入れようとしていたのだった。。。
あんなママチャリが存在するんですね?

ついでに、チェーンがさびさびだったので、「アブラ塗ってもらった方がいいですよー」とアドバイス。
そのお店で注油してもらっていたんだけど、店のおっさんが使っていたのはCRC556?それをプシューとして300円は高くないですか??
せめてチェーンオイル塗ってあげましょうよ。どうせ雨ざらしなんだろうから、雨降ったらすぐになくなっちゃうじゃん。。。

そして、空気入れがあいたので、こちらの空気を入れ始める。
そして、今日2度目のビックリ。
妻のMTBは英式のバルブ何だけど、バルブを止めてるカバーのネジがない!!
バルブキャップがついてるのを見ると、そのネジだけを誰かが持って行ってしまったんだろうか、、、
幸い虫ゴムが固着していたのと、空気圧が低かったので抜けずにすんでいたらしい。
自転車屋の前で良かった?
つーか、こんなけちな部品を持って行ったヤツ!このぐらい買ってこんかい!!

そこで時間を食ってしまったので、帰り道の途中でだんだんと暗くなってきてしまった。
そしてまたもやトラブル。
暗くてよく見えなかったのか、段差越えで妻がコケてしまった。。。
うーん、やっぱり暗いのは無理だったか。
けがはなかったようなので、よしとしましょう。
また自転車乗ってね?!

2007年4月10日

遠回り

Filed under: 自転車 — aki103 @ 11:45 PM

いつもだったら腹を空かせて帰ってくるので、JITE2の帰路は最短コースなのだが、今日は残業中にメシを食べておいたので、ちょっと回り道して帰ってきてみた。

普段のコースだと、五反田から目黒、世田谷を抜け、二子玉から多摩サイに乗って終わりなんだが、今日は鶴川街道を左折し、尾根幹、連光寺を通ってきてみた。

尾根幹と、連光寺はアウタートップをなるべく使って、ダンシングの練習。だんだんと腰が軋んできたけど、結構踏み方の感覚をつかんできたような気がする。

いつもより10kmちょっと多く走り、今日の走行距離は往復で65km。
多摩丘陵コースは練習になりそうなのでまたトライしてみよう。

2007年4月8日

2nd stage

Filed under: 自転車 — aki103 @ 9:32 PM

2ndステージは名栗山伏コース。

行きの新奥多摩街道は、心配していたほど昨日のダメージが表面化せず、 小作まで到着。
家を出て集合場所に向かうまでに、ちょっと呼吸が上がると肺が痛くなる症状が出ていたので、そこまで行けるかどうかすら心配だった。
走り始めはちょっとだけ症状があったけど、すぐに何ともなくなった。

小作で集合してからは集団も巨大化し、スピードアップ。
スピードは上がったけど、後ろの方の位置取りだと楽々。
ローテーションを回しつつ成木の休憩コンビニを過ぎる。しかし、このあたりからだんだんと足が回らなくなってきた。。。
ちょっとだけ粘ったが、すぐに集団から完全に千切れる。
そこから先は大ダレし、山伏まで温存走り?でノロノロ。

ついでにエネルギーゲージがEに近づいている感じだった+補給のカーボショッツを忘れてしまったので、山伏は捨て、麓の自販機で補給。
ここはいいので、山王峠までの高速区間練習に向けて温存することにした。
相当タレていたらしく、山伏を登り始めるとまもなく先頭が下ってきた。
後続と少し間隔があいているところで、すぐにUターン。高速区間練習開始です。

初めのうちは先頭交代に加わっていたものの、半分ぐらいを過ぎてからは最後方で付きいちで粘るが、山王峠入り口1km手前ぐらいで力尽きた。
まあ、いいところまで特急列車に乗ってこられたのでよしとしよう。

休憩後のStop&Go天国は相変わらずきついが、山伏までの貯金がが効いているのかいつもよりも何となく楽な感じ。
でも、16号を過ぎたあたりは信号に助けられながら集団後方をヒラヒラ。ハムストリングがつる寸前だった。
帰宅してからは3時ぐらいまで完全にダウン。いつもはここまでの疲労感はないんだけど、今回はそれなりに追い込めたってことか?
ステージ練を2日とも走ったけど、山伏エスケープがあるので、完走扱いにはならないよな?
ともあれ、2日間とも参加したということが、一つ成長した証しかな。

2007年4月7日

1st stage

Filed under: 自転車 — aki103 @ 2:53 PM

今日はステージレースを想定した練習会の1日目。
コースは新雛鶴トンネルまでの往復コース。

高尾までの道のりは第2次先発隊として、ムラカミさん、ヒビノさんの3名でまわす。
高尾山口に到着し、後続を待っているとすぐに先頭が見えてくる。
風さんが先頭を笑顔で引く。しっかし、止まってみてると集団が通過していくのは迫力があるな。

さすがに特急列車に飛び込むわけにはいかず、通過後に出発。
ヒビノさんとともに追いかけるが追いつけない。
そりゃそうだよな、微妙に登りでこっちは初速0だもん。
ごん助ストレートあたりではかなりヤバくなってきたが、ヒビノさんのスピードが落ちないので、がんばって踏み続ける。
そして、病み上がりでつらそうなモリカワ隊長とともに3名で大垂水越え。
ヒビノさんがピーク手前でかけたのに反応するモノのまくれず。

既にここで力を使い果たしてしまったのか、肺と腹筋付近が非常に苦しい。
下りはしばらく惰性で走るしかできない。
でも、競う相手がいると一人では出せない力が出てくるもんだ。
あんなに苦しかったのは久しぶりのような気がする(レースで出せよ)

その後の雛鶴区間はダレダレ。
雛鶴の入り口分岐ですでにさよなら。
その後はサイクリングでした。

うーん、持久力が全然足らん。

さて、明日は名栗山伏コース。
どこまでついて行けることやら。

次ページへ »

HTML convert time: 0.583 sec. Powered by WordPress