2012年7月14日

Mt Fuji duathlon

Filed under: アウトドア,自転車 — aki103 @ 1:37 PM

富士山をただ登るだけじゃ物足りないということで、ふもとから5合目までは自転車で登っちゃおうという企画。普通にはあまりやろうと思わないであろう変態企画です。

7月10日、納豆の日に行ってきたんだけど、梅雨ど真ん中だって言うのに誰のパワーなのか、梅雨前線も消え、梅雨の中休み。
五合目から八合目ぐらいまでは雲の中だったけど、ほかは青い空が見えるいいお天気でした。

女性二人を含む、総勢9名でアタック!

こんな樹林帯の中を約20km登ります。

バイクパートの滝沢林道は途中にゲートがあり、関係車両しか通行できないこともあり、交通量が少なくて超快適!
傾斜も”激”っていうところはなくて、比較的穏やかな道でした。

五合目の佐藤小屋へ自転車をデポさせていただき、いざハイクパートへ。

元気に佐藤小屋を出発。

今年の富士山は雪が多いそうで、途中にも巨大な雪渓がいくつも。

先頭のおがわさんから遅れること10分(行程約2時間)、F屋さんと一緒に2着で頂上へ。
自分がこのペースで登れるとは思っていなかったのでちょっとびっくり。

スバルライン経由で先行していたFitteくらもとさんを交えてぱちり。
F屋さんは着替え途中だったのに無理矢理引っ張ってきたのでこうなりましたw

後続待ちの間にお鉢回ってきたら~、ということで2等三角点が設置される本当の頂上へ。

山頂はすっきりと晴れ、雲海を見下ろす最高の景色でした。

そしてもう一枚。
山頂に熊出没!

一緒に行ったタマキさん、なんか一人だけ大きい荷物背負ってるね~、中身は山頂でのお楽しみ~なんて話をしながら登ってきたんですが、なんと中身はこれでしたw
山頂ではいろいろな人から一緒に記念写真を求められる人気者だったよ。

下山道はしばらく雪渓の中を通る感じ。
雪解け水のおかげでほこりが立つこともなくてよかったかも。

クマさん(中身)です。

去年登ったとき(バイクはなし)もそうだったんだけど、ホント下りは弱い。
初めのうちは飛ばして小走り気味に駆け下りていたんだけど、7合目あたりにきたら右膝の裏が痛くなってきてペースダウン。
もう少し走るトレーニングしてここを強化しないとな~。。

佐藤小屋まで下りたらうれしいプレゼントが。
小屋の女将さんがごちそうしてくれました。

団体さんを受け入れる準備で、我々の食事に対応できないと言うことで差し入れしていただいたんだけど、本当においしかったです。
また来年も行きます~

この後は自転車で下って、温泉行って、帰宅。
いやー、濃い一日だった。


これが今回のコースのトレース。
マークがついているところが5合目。

このコース楽しいっす。興味がある方、来年もやるので是非!

ただし、次の日から数日間歩行困難になるので、それの覚悟ができる方限定ですw!

2012年5月16日

防水デジカメ

Filed under: アウトドア,写真 — aki103 @ 10:36 PM

1年くらい前に買い換えた防水デジカメ、RICOH PX。

R10を持っていたこともあるし、GX200が現在の我が家のコンパクトデジカメのメイン機。両方ともとても気に入っていたので、PXには期待していたんだけど、どうにも気に入らない点が。。

とにかく暗所に弱い。

コントラスト差の激しい場合は黒つぶれ。ちょっと暗いシーンになるととにかく色が出ないし手ぶれ補正も貧弱。
まあ、カメラのコンセプトとしては、太陽が燦々と降り注ぐもとで水浴びしながら、みたいな使い方を想定しているんだろうけど、それだけに使うんじゃないのでねぇ。。
現代のデジカメとして、日陰に行っただけで表情がよくわからんような写真しか撮れないのはいただけませんなぁ。

まあ、買値も安かったのであまり文句は言えませんが。

こいつはオークションで、そこそこの値段がつくようなので処分。
代わりに、PXよりも旧型ながら、性能については評判が良さそうだったSONYのTX5をオークションで落としてみた。


上がPX、下がTX5

PXのデザインはまあ気に入っていたんだけど、フラッシュの位置がとても使いづらくて不満だった(親指と中指で本体を挟むように持つと、中指でフラッシュが反射して画像に影響が出る)。
TX5はそんなこともないし、スライドフードが電源スイッチとして働くのも良さそう。

TX10, TX20という後継機も出ているけど、これと言って突出する(ほしいと思う)機能もないし、これで十分ぽい。

さようならPX。。

2012年3月21日

スノーシューで山歩き

Filed under: アウトドア — aki103 @ 10:14 PM

今年の新しい冬のアクティビティー
豪雪と強風でスキーを断念したときにお試しでやってみたのでハマりました。

USの通販サイトで見つけたスノーシューはシーズンオフも近いと言うことで半額!
日本のカタログプライスからしたら、1/3くらいでtabbsのフラッグシップモデルを入手できてしまったのです。

とりあえずお試しということで、ビラタス蓼科のロープウェイを使って北八ヶ岳にいってみた。
雨池までのコースはそんなにきつい坂もなく、スノーシューにはもってこいな感じ。
雪は春近しということで、一度溶けて固まってしまったようで、表面はクラスト状。
踏めばさっくり割れるところもあるけど、ふかふかってわけにはいかない。ま、シーズンも終わりなので仕方ないね。

image

これは雨池のからの北横岳。
雨池は影も形もなく(って、夏に来たことないですがw)、だだっ広い雪原。これ、新雪だったら楽しいんだろうね~

昼飯はロープウェイの山頂駅でお決まりのこれ。

image

山で食うラーメンはうまいね!

腹も満たされたので下りはロープウェイを使わず登山道で。
途中にまた雪原があって、八ヶ岳から南アルプス、中央アルプスまでのパノラマが楽しめる場所があったり。これまた、良い道でした。

来年はハイシーズンにも行ってみたいな!

2012年3月2日

OGASAKA KS-RF

Filed under: 未分類 — aki103 @ 9:16 AM

今シーズンも冬はスキーしてます。
先シーズンに入手した中古のOGASAKA KC-RVは一番最初のオーナーがインストラクターだったこともあり、かなりお疲れのようなので、板を新調しました。
KC-RVがとても乗りやすく、気に入っていたので、同じくOGASAKAを選択。KS-RFの新品(先シーズンモデルの板だけ)をオークションで入手し、ビンディング(MARKER COMP12、こっちも型落ち)は別途購入、自分で取り付けという格安コース。
おかげで4万ぐらいですんでしまった。

image

一度滑ってきたんだけど、乗り心地はKC-RVにとても似ている。でも、新しい板の方がシャキッと切れ込んで行く感じ。まぁ、7、8
年もののやれた板と比べるのは酷だけどね。
10cm短く、サイドカーブもきつくなったこともあり、回頭性も向上。
ショートターンが楽しくなりました。

またスキーがおもしろくなっちゃったよ。

2011年11月16日

ツールドおきなわ市民100km

Filed under: 自転車 — aki103 @ 7:53 PM

去年は欠場だったので2年ぶりのおきなわ。
過去のツールドおきなわは80→130→130→200とステップアップしていって、一番長い200kmを経験していたけど、更にコースが厳しくなった210kmは敷居が高かったため、今回は100kmにエントリー。

10月の走り込みのおかげで、スタート前に試走で走った一発目の登りでは体が軽い。
フィジカル的には2年前の200にでたときの方が絶対的に出来が良かったはずだけど、過去の経験も利いているのか、レースに対する余裕度は今回の方が上。
スタート前に並んでいるときも緊張することなくリラックスできた。

そんな中、チャンピオンクラスの通過、国際女子のスタートを見送り100kmもスタート。
前日に車でコースの下見をしておいたおかげで、北側の海岸線はずっと工事をしていて狭いところが多数あるのは判っていたので、最初の緩く長い登りはとにかく前にでて良い位置を確保。半分ぐらい登ったところで先頭付近まであがることができた。

その後は目論見通り先頭でローテしながら無事に工事区間を通過。与那を曲がり、普久川ダムの登りが始まった。
登りはじめの緩い区間はよかったけど、勾配がだんだんきつくなるにつれだんだんと息苦しくなってくる。
走り込んではいたものの、走行距離を稼ぐことが第一の目標という走り方だったため高負荷になるとすぐにたれてしまい、普久川の登り半ばで集団から切り離されてしまった。。。
練習内容もそうだけど、最初の登りで調子に乗ってしまい、海岸線で前にいすぎたのも無駄足を使ってしまったのかもしれない。

完全に集団からは切れてしまい、この先どうしたものかと思っていたところで、登り切ったところで後ろから追い上げてきたヒビノさんと合流。その他、前後から集まってきた人たちを吸収しながら20人ほどの集団になった。
だけども、せっかく集団になったのに、案の定ローテがうまく回らない。やっぱりローテーションを普段からちゃんと練習できる環境っていうのは希少なんだろうなぁ。。。

声かけたり、回しているのをみてまねしてくれたりしながら、だんだんとローテーションも回るようになってきたところで最後の羽地ダムの登りが始まる。
普久川の時と同じように勾配がきつくなるにつれやはりだんだんと踏めなくなり、1つめのトンネル前で切り離し(泣)
なんだか、ここに来るまで全然ローテに加わっていなかった奴らが軽々上っていくんですけど~

いまいち集団のスピードが上がらなかったので焦っていたのか、俺が俺がと前に出すぎたみたい。
まあ、その流れを読むのも実力のうちですかね。(もっと力があって一人で抜けられるのが一番いいのかもしれないけど。。。)

切れた後はゴールまで一人旅。
ダムからの下りはよかったけど、R58に出てからは平地区間を一人で走るのはつらかった。
疲れもピークで足はつりまくりだし、後半無理したせいなのか肺の下のほうが激痛で深い呼吸はできないしで踏んだり蹴ったり。
まちなかの商店街を走っているときはとうとう右のハムががっちりつってしまいシッティングでは回せないくらいに。
しょうがないので、最後はスプリントするわけでもないのに半分以上ダンシングで走ってた。

普久川の登りで切り離された集団の数を少なく見積もっていたようで、ゴールしたときにはリザルトの1枚目(50位以内)にいけるかと思っていたけど、残念ながら63位(出走412人)という結果に終わりました。

やっぱり直前の10月だけ走り込んでレースができるような甘いモンではなかったってことですな。
来年はちゃんとレースができるよう、ちゃんと準備しよう。と、毎回心に誓っている気がする(汗)

まあ、今回の結果は、最初の積極的な走りがアダになったわけではなく、実力が足りないだけなので、もっと練習を積んで来年もまた100kmに挑戦してみよう!

とんかく、レースらしいことができて、今回は楽しませていただきました!

2011年11月11日

明日からおきなわ

Filed under: 自転車 — aki103 @ 8:08 PM

明日から開催されるツールドおきなわ。
日曜の市民レースは100kmに参戦してきます。
10月の走り込みで少しは走れるようになった(はず!)なので、レースも楽しみ。
こんな書き方すると変だけど、OSMやっていなかったら、レースは観光のついでぐらいにしかならなかったはず。

マスケンさんの言葉をかりれば、「距離は裏切らない」ってことでしょうか。
まあ、優勝を争うような力ではないけど、レースを楽しみにできるようになったのは間違いない。

ヤキモキさせてくれた沖縄の天気予報、この週末は好転しているようなので、気持ちよく走れそうな予感。

楽しんできます~

2011年11月1日

OSM終了

Filed under: 自転車 — aki103 @ 9:00 AM

2604.4km、自転車の部門で7位という結果に終わりました。
トップの3620kmを筆頭に、3000kmオーバーが4人もいるので、先頭集団ゴールとは言えないけど、トップ10に残れたのはなかなか頑張れたかな。

おかげさまで体もだいぶ絞れた模様。
ツールドおきなわは、着に絡むような実力は到底ないけど、自分なりに自信を持って臨める準備ができたと思う。

今日は市ヶ谷、片岡マッサーにほぐしてもらいに行ってきます。
どんだけ痛いのやら、、、

2011年10月25日

ツールド白河 (OSM版)

Filed under: 未分類 — aki103 @ 12:19 AM

「週末は自走で白河往復だ~」というちゅなねーさんのつぶやきに何気なく、「そんなことするですか、そーですか」と返したら、カオリから、「行ってらっしゃいー」というメール。。。
そういうつもりのつぶやきではなかったんですが、我が家の監督?が行けというんじゃやるしかないっしょ。

ということで、行ってきました。往復460kmの旅(走り切れたら) with ちゅなねーさん&どらちゃん

土曜日、朝目が覚めると結構な雨。
普通に本降り、普段なら二度寝するような天気だけど、二人と協議の結果「とりあえず集合場所まで」という結論に。

あんな雨の中走るのは久しぶり。
走り始めて、「おっ、結構楽しいぞ」なんて思っていたんですが、1時間も走ると浸水しまくり、体冷えまくり。。。

全員集合して協議したところ、こりゃ体がもたんということで大人の判断にもとづき品川から輪行。宇都宮まで行って、餃子食べて、雨がたいしたことなかったら残りを自走する作戦。
しかし、品川駅に向かっていると雨が上がっていく。電車に乗るとさらに小降りに。もしかしたら走れたのではないかという気がしないでもないが、ちゅなねーさんの憔悴っぷりがやばかったので、これが正解だったでしょう。

とりあえず腹ごなし。
電車の中でおにぎり食べたりしていたので、ご飯なしでもいいかもと言うことで、正嗣に行ってみたけど、お店の人に素っ気なく「12時過ぎからだよ」といわれ(到着は11時だった)みんみん本店へ。こちらは11時半から開店と言うことで30分ぐらい並び1巡目(3組目だった)で入店。

絶妙の焼き加減、みんみんうまいね。
写真の他に水餃子も1人前。満腹です。
正嗣もうまいんだが、開店遅くて、品切れも早いので、なかなか食べる機会がないんだよね。

この後は餃子を消化すべくちゃんと白河まで自走。
雨雲にも追いつかれ走り出してすぐに雨模様。
朝走り出した頃のような大雨にはならなかったけど、到着するまでしとしと降り続きました。

この日は結局34+81kmで115km。
雨だった割には走った方かな。

夜はPCJの会合に行くという二人を見送り留守番レバ練。
ちょうどホテルの前にホルモン焼きの店があったので(肉食いたかったし)、その店に突撃。
打倒フラミンゴ!ということで、てっちゃん食べたった。

一緒に走っていた片方はフラミンゴさんだったような気もするが。。。気のせいということで。

10時前に帰ってきた二人と部屋で飲み直し。
ねーさんは先に寝たけど、どらちゃんと1時ぐらいまで飲んでしまった。。。
どらちゃんはオレよりも働いている時間、自転車に乗っている時間が遙かに長いはずなのによくやるよね~。まねできません。

翌日は朝のうち雨と言うことでゆっくり目のスタート。
ホテルの朝食をいただいて、8時ぐらいに出発。
路面は濡れているけど、空から降ってくることはほぼなかった。
那須塩原に出るまではアップダウンの連続だけど(緩いけど)、その後は延々と下り基調。若干向かい風だったけど、その苦しみを和らげてくれる傾斜が続きました。

サイコンのデータを見ると一目瞭然。

宇都宮の先ぐらいまで?ほぼ下り。
こう見ると最後の最後で50m近く登る自宅の高さが泣ける。なぜ230kmも走って最後の1km足らずでそんなに登るw

登りがほぼなかったにもかかわらず、向かい風で先頭で引いている時間が長かったのと、6kgもあるバックパックを両日とも背負っていた(アホだ)おかげで、帰宅後に体重はかってみたら2.1kgも減ってた。
普通長距離乗ると増えるんだけどねぇ

両日で346.7km。
結構稼げたね。

日曜日の集計時点で、現在7位(4900人中)。

Top10は維持したいな。

正嗣正

2011年10月16日

JCRC 第9戦 群馬CSC

Filed under: 自転車 — aki103 @ 9:41 PM

2年ぶりのレース。

2年前のおきなわからレースに全然出ていなかったのでかなり不安だったけど、今年はおきなわに復帰するので(100kmからだけど)、レースの感覚を戻すために参加。
おきなわで走る100kmと同じぐらいの距離をレースとして走れるのも魅力だった。

まあ、蓋を開けてみれば(開ける前からわかっていた?)、100kmには届かず全周回17周のうち3周を残し、14周でおろされました。

レースペースで距離乗るのも目的だったけど、集団走行とレースの緊張感を少し体に覚えさせるのも目的だったので、無駄ではなかったでしょう。

次はおきなわだ!

2011年10月2日

October Sports Marathon (OSM)

Filed under: 自転車 — aki103 @ 8:56 PM

今年は参加を宣言して、ちょっとまじめに走ります。(曖昧な表現だな~w)

始まっていきなりの週末。
まわりの皆さんはやる気満々な雰囲気。
雰囲気に流されて無理すると体調崩すので(大して走り込んでないからできないともいう)、自分のペースで。

・初日
流しさんの声がけによる練習会に参加(7ga4練?)
コースは調布-五日市-甲武トンネル-大垂水
練習後はパングルメな流しさんの案内でパン屋さんへ、Boulangerie Salle de Bainsに行ってきました。OSMとは関係ないけど、このパン屋さんいい感じ!また行ってみよう。
多摩川まで帰ってきて100kmちょっとしか走っていなかったので、距離を稼ぎに野猿街道-柚木街道-多摩境-尾根幹と走り、合計140km、獲得標高1380m(こっちはOSMには無関係)。
まあまあですかね。

Salle de Bains効果か、柚木街道を走っていたらチクテベーカリー(実はいったことない)のことを思い出し寄ってみたけど開店前だった。。。これはリベンジしなくちゃだな。

”"

・2日目
オベ練に参加。日曜なので雛鶴練ですが、雛鶴を越えて富士山方面へ。
アプローチでロングやるという話をしていたらキノウさんが釣れたので、お付き合いいただきました。
コースは、甲州街道-大垂水-雛鶴-道坂峠-道志みち-城山湖。最後の法政大からみなみ野、野猿に抜けるコースでは二人ともへばっているのにちょっとした登りでもがきあったりw、自転車乗りは馬鹿だね~
一人ではダレダレになってしまって走れなそうなコース。クライマーなキノウさんは登りのたびに活き活きしてました。おかげさまでとっても苦しめました~

家の近所に帰ってきたら、2日で300kmにちょっと不足しているようだったので愛宕周回で〆。
162.5km、獲得標高2395m。登った(登らされた?)なー。

”"

1ヶ月続くOSMですが、どこまで気合いと体力が続くのか。。。
これで廃人にならない程度にがんばります。

パンや巡りも織り交ぜて楽しみの要素をふやすかw

次ページへ »

HTML convert time: 1.642 sec. Powered by WordPress